電話でのご相談予約はこちら

0120-170-316

24時間・365日

メールでのご相談予約はこちら お問い合わせフォーム 24時間・365日受付

メニュー メニュー

過払い金・債務整理なら
町田オフィスの弁護士に相談

債務整理でお悩みなら町田オフィスへご相談ください

借金の返済でお困りのことはございますか?

「どうしても今手に入れたいものがあるから」「生活費が足りなくて」などの理由から、安易に消費者金融やキャッシングを利用してお金を借りてしまい、利息が何倍にも膨れ上がって返せなくなってしまった……という経験のある方はいらっしゃいませんか?

そのようなときには、「債務整理」という手段を使って生活を建て直す方法があります。債務整理には、貸金業者や金融機関など(以下「貸金業者等」)と話し合って借金を減額してもらう「任意整理」、裁判所を利用して借金を大幅に減額して経済的更生を図る「個人再生」、裁判所の仲介のもとで債務者が貸金業者等と話し合いって借金を減額してもらう「特定調停」、裁判所に申し立てて借金をゼロにする「自己破産」の4つの方法があります。

いずれの場合も、利用すればしばらくの間はローンの借入やクレジットカードの新規申し込みなどができないなどの不利益を被ることになります。しかし、自己破産以外はマイホームやマイカーなどの財産を、自己破産の場合も99万円以下の現金と生活に必要な家財道具を手元に残せるため、生活を建て直すことは十分可能です。

借金の相談をすることは決して恥ずかしいことではありません。
ずっと借金の返済に悩むより、債務整理をして生活を建て直したほうが早く楽になれます。一人で思いつめてしまう前に、ぜひ一度ベリーベスト法律事務所 町田オフィスまでご相談ください。当オフィスの弁護士が、あなたの力になります。

過払い金請求で利息を取り戻す。

一時期、テレビやラジオで「過払い金は今すぐ返還手続きを」という内容のCMがよく流れていたので、「過払い金」という言葉を見聞きしたことのある方は多いのではないでしょうか。

過払い金とは、払いすぎた借金の利息のことを指します。
かつての日本には、上限金利を定める法律が2つ存在していました。それが、利息制限法と出資法です。上限金利が利息制限法では15~20%、出資法では29.2%とダブルスタンダードになっており、貸金業者等は高いほうの金利「29.2%」の利息でお金を貸し付けていました。この利息制限法と出資法で生じていた金利の差のことを「グレーゾーン金利」と言います。

ところが、平成18年1月に最高裁判所が「グレーゾーン金利は違法」との見解を示し、利息制限法よりも高い金利でお金を貸し付けていた貸金業者等に対し、利息の返還をするよう求めました。しかし、債務者の中にはそのことを知らず、高い利息を払い続けた方が続出することとなりました。この結果生まれたのが、「過払い金」なのです。

過払い金は本来全額返金されるべきものですが、過払い金の返還請求にはほかの債権と同じように時効があるので、請求するタイミングには注意が必要です。過払い金返還請求の時効は、最後に取引を行ってから10年です。最高裁の判決からすでに10年以上経過しているため、過払い金の時効が続々と到来しています。「以前に高い利息でお金を借りていた」など、お心当たりのある方は、速やかにベリーベスト法律事務所 町田オフィスまでご連絡ください。

債務整理・過払い金についてよくあるご質問

町田オフィスの弁護士による債務整理の流れ

弁護士による債務整理で問題解決

「消費者金融でお金を借りたけれど返済に苦しんでいる」「毎日取り立ての電話やメールが来て精神的にまいっている」などのお悩みをお持ちの方は、ベリーベスト法律事務所 町田オフィスにお任せください。

ベリーベスト法律事務所では、返済できなくなった借金を整理して生活再建を目指すお客様のサポートをしております。まずはご来所のうえ、弁護士にご相談ください。弁護士が借金の経緯や現在の借金額などについてお話を伺い、4つの債務整理方法である任意整理・個人再生・特定調停・自己破産の中から個々のケースに応じて最適な方法をご提案いたします。

弁護士と委任契約を結んでいただき、弁護士が貸金業者等に受任通知を送付すれば取り立てはすべてストップしますので、それだけでもだいぶ気持ちが楽になるでしょう。その後は、任意整理であれば貸金業者等と交渉を行いますし、それ以外のものであれば裁判所で所定の手続きを行います。自己破産以外は、借金を減額してもらった後に弁済計画の作成が必要となりますが、その作成やサポートも弁護士のほうで行いますのでご安心ください。

どの方法であれ、借金を整理し終えるまでには一定の時間がかかりますが、債務整理はゴールではありません。借金を整理した後こそが、本当の意味でのスタートラインです。町田オフィスのスタッフ一同、お客様が生活を再建して1日も早く元の生活に戻れるよう、全力でサポートいたします。私たちと一緒にがんばりましょう!

借金問題、ご相談から解決までの流れ

東京都・町田市で債務整理をお考えの方へ

東京都町田市内やその近隣エリアで、借金を抱えてお困りの方がいらっしゃいましたら、ベリーベスト法律事務所 町田オフィスの弁護士にご相談ください。

「ちょっとくらい借りても、すぐ返せば大丈夫」借金はそんな軽い気持ちから始まることが少なくありません。ほんの少しのお金を借りるつもりでカードローンやキャッシングを利用したところ、雪だるま式に借金が増えて自転車操業状態になってしまい、当オフィスに債務整理のご相談に訪れる方が多くいらっしゃいます。

最近では、金利が15%未満と比較的低くなっている銀行系カードローンが出回っており、債務超過を生み出す原因のひとつになっています。銀行系カードローンは審査がやや厳しいものの、WEBで審査可能なこと、手持ちのキャッシュカードを使ってATMで借り入れができることなどから、消費者にとって利用しやすいものになっているのです。現に、金融庁の調べによると、貸金業者による貸付残高は貸金業法が改正された平成18年から平成29年にかけて急激に減少している一方で、カードローン等残高は逆に2倍近くに増えているといいます。(※)

しかし最近になって、銀行系のカードローンには総量規制がなく、債務者の返済能力を上回る貸付が行われていることが問題視されるようになったことを受け、各銀行で業務運営の見直しなどの取り組みが始まりました。

ベリーベスト法律事務所 町田オフィスでは、カードローンでお悩みの方はもちろん、消費者金融やキャッシングで借りすぎたことでお悩みの方のご相談も承っております。先述の通り、債務整理には任意整理・個人再生・特定調停・自己破産の4つがありますが、それぞれに利用できる条件があります。当事務所にご相談いただければ、弁護士がお客様の借金額や収入・資産の状況から最適な方法をご提案し、必要な手続きや交渉を行います。

経済状況的に弁済が不可能な場合は、やむを得ず自己破産を選択することになります。「自己破産をする」と言うと「もう生活ができなくなるのではないか」と思う方がいらっしゃるかもしれません。しかし、自己破産は99万円以下の現金と生活に必要な家財道具は手元に残すことができるので、過度に心配する必要はないでしょう。また、同じ職場の方やご友人にも自己破産をしたことを知られる可能性はほとんどありませんので、ご安心ください。

どなたでも当事務所をご利用いただけるよう、債務整理に関する法律相談および着手金は無料です。
借金にお悩みの方は、貸金業者等からの連日の取り立てにまいってしまっている方も多く見受けられます。町田市に在住・在勤の方はもちろん、他の地域からのご相談も受け付けております。一人で思い詰めてしまう前に、ベリーベスト法律事務所 町田オフィスまでお気軽にご相談ください。

※ 出典:金融庁「銀行カードローン審査 中間とりまとめ」(PDF:534KB)

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

0120-170-316

営業時間 24時間・365日

< 24時間受付 >メールでのお問い合わせ

町田オフィスの主なご相談エリア

町田市相原町、町田市小山ヶ丘、町田市小山町、町田市小山田桜台、町田市上小山田町、町田市木曽町、町田市木曽西、町田市木曽東、町田市下小山田町、町田市図師町、町田市忠生、町田市常盤町、町田市根岸町、町田市根岸、町田市矢部町、町田市山崎町、町田市山崎、町田市大蔵町、町田市小野路町、町田市金井町、町田市金井、町田市真光寺町、町田市真光寺、町田市鶴川、町田市能ヶ谷、町田市野津田町、町田市広袴町、町田市広袴、町田市三輪町、町田市三輪緑山、町田市薬師台、町田市旭町、町田市玉川学園、町田市中町、町田市原町田、町田市本町田、町田市南大谷、町田市森野、町田市小川、町田市金森、町田市金森東、町田市高ヶ坂、町田市つくし野、町田市鶴間、町田市成瀬、町田市成瀬が丘、町田市成瀬台、町田市西成瀬、町田市東玉川学園、町田市南つくし野、町田市南成瀬、町田市南町田、相模原市、大和市、八王子市、日野市、多摩市、府中市、稲城市、狛江市、調布市

ページ
トップへ