電話でのご相談予約はこちら

0120-666-694

平日9:30~21:00/土日祝9:30~18:00

メールでのご相談予約はこちら お問い合わせフォーム 24時間・365日受付

メニュー メニュー

弁護士相談はベリーベスト法律事務所 町田オフィスへ。
弁護士インタビュー

インタビュー

小田急小田原線「町田駅」から徒歩3分、JR横浜線「町田駅」から徒歩8分の位置にある、ベリーベスト法律事務所 町田オフィス。一大商業都市として栄える一方、近年0歳から14歳の転入超過数が増加傾向にあり子育て世帯が選ぶ街として認知されつつある町田市では、どのような弁護士相談が多く、実際に弁護士はどのようなポリシーを持って対応しているのでしょうか。 町田オフィス所長、上田 芙祐美弁護士にインタビューしました。

Q1.上田先生が弁護士を志したきっかけは?

Webサイト上のプロフィールページにも書きましたが、私は小学1年生のころから弁護士になる夢を抱いていました。きっかけは、母が司法試験に挑戦していたことです。子ども心に、日々法律の勉強をしている母の背中を見て「かっこいい」と心から思い、尊敬の念を抱いていました。しかし、母は離婚を機に司法試験への挑戦をあきらめてしまったのです。女手ひとつで私を育てるためには必要な決断だったと思います。

幼心に寂しさを感じていましたが、だからこそ、「私が代わりに弁護士になる!」と決意し、日々勉強に打ち込めたのだともいえます。とはいえ、ずっとブレずに弁護士を目指していたというわけではありません。実のところ、大学進学の際には、教師になるか、弁護士を目指すか悩んだことがあります。

しかしそのとき、ちょうど身内が弁護士の力を借りなければならない問題にぶつかってしまいました。そんな中、相談に行ったのに、心が軽くなるどころかより落ち込んでしまった姿を目の当たりにするという出来事が起こったのです。弁護士は弱者の助けになる立場ではないのかと私は非常に驚き、そして悲しく思いました。

そこで、「心から悩み、勇気を出して相談に来た方を心から理解し、思いやり、助けられるような弁護士になりたい!」と改めて決意を固めて、改めて勉強に打ち込みました。そばにいただけでも非常につらい体験でしたが、今の私を作り上げた根源でもあります。

Q2.ベリーベスト法律事務所に相談するメリットを教えてください。

Q2.ベリーベスト法律事務所に相談するメリットを教えてください。

法律事務所は、それこそ日本中にたくさんあります。そのような中、私がベリーベスト法律事務所への入所を選択した理由は、まさに「対応分野が広く、個人のお客さまであっても気軽に弁護士を利用できるよう、窓口を開いている」からでした。

たとえ同じような事件であっても、やはり事務所によって対応が異なります。フィーリングが合う・合わないということもあるでしょう。同じことを相談しても、弁護士や事務所ごとに提案する解決方法が異なることは少なくないはずです。たとえ自分自身より年配で、経験が豊富な弁護士であっても、見えるものや感覚が異なれば、提案できる解決方法は異なります。弁護士も人ですから、思い込みや決め付けをされてしまうことがあり、自分の気持ちを理解してもらうだけで時間を費やしてしまうケースもあるでしょう。私の家族がまさにそうでした。そして、残念ながら、今なお「『この程度で相談に来たの?』と冷たく追い返されてしまった」、「『無理だね』で終わらせてしまった」……という話を相談者から聞くことは少なくありません。

確かに、事務所内に該当分野の専門知識やナレッジがなかったり、相談者さまが望む方向性を理解できなかったりすれば、そのような答えをせざるを得ないということはあるでしょう。しかし、これは無理かもしれないと少しでも思ってしまうようなことでも、角度を変えれば異なる解決方法が見えることがあります。かつて、「調停委員や裁判官にも、依頼者にとって不利な結論しか出せないと言われた」と相談にみえたお客さまがいました。しかし、よくよく調べてみたところ、依頼人が心情的に引っかかっている部分をクリアにする判例がすでにあったのです。確かに非常にレアなケースではありましたが、過去の判例に気づいたことにより、お客様にとって納得できる結果に導くことができました。

納得できる解決方法を考えるためには、お客さまの意図を理解し、あらゆる角度で考え、検討する必要があることは言うまでもありません。令和元年7月現在で60万件以上の相談をお請けしているベリーベスト法律事務所には、ノウハウの蓄積があります。所内ではひんぱんに勉強会が開かれていて、弁護士たちは己を高めあっている環境です。たとえ、ほかの事務所で解決方法がないと言われてしまったという事件であっても、ベリーベストであれば豊富な知見と過去のノウハウの集積から解決方法が見つかることは少なくありません。

ベリーベスト法律事務所に相談する最大のメリットは、あらゆる解決法を提案できる柔軟性と専門性にあるのではないでしょうか。

Q3.町田オフィスではどのような弁護士相談が多いのでしょうか?

私自身が多摩地区出身です。そのため、自ら多摩地区での勤務を希望して町田オフィスの所長となりました。町田には、町田リス園や芹ヶ谷公園、美術館などのレジャースポットも豊富で、かつ非常に生活しやすい街だと感じています。車がなくても十分行動できますし、駅周辺も活気があふれていますよね。ほぼ毎日お昼ご飯は外食なのですが、おいしいお店がたくさんあって、毎日飽きません。

お客さまは、町田市内からはもちろん、相模原や大和市など神奈川県内からご来所されています。最寄りの裁判所は、東京地方裁判所や家庭裁判所の立川支部になりますが、案件によっては霞が関の本庁や相模原にある支部へ行くこともあります。アクセスがよいので私自身電車で移動することが多いですし、お客さまも電車で来所されるケースが多いようです。

町田オフィスでもっとも多い相談は離婚関係です。次に交通事故と労働問題が続き、刑事、相続などのご相談を多くいただきます。全体の傾向としては、問題が複雑化しきってしまってから相談にみえたというケースが多いというところでしょうか。私自身、六本木の東京オフィスで勤務をしてから、立川オフィスを経て町田オフィスの所長となりましたが、ほかのオフィスにいたころと比べるともっともいわゆる「イレギュラー」と呼ばれるご相談をいただくことが多いと感じています。先輩にあたる弁護士にも驚かれるほどです。

たとえば、離婚問題だけを抱えているケースであればある意味一般的といえるでしょう。しかし、離婚問題だけでなく、一般民事や刑事、相続など、ほかの問題が複雑に絡み合っているご相談が非常に多いのです。おそらく、非常に我慢をされた結果ご相談にみえるのだと思うのですが、もっと早くご相談に来ていただいていたら、ここまで苦しまずに済んだだろうと感じることは少なくありません。

Q4.上田先生が思う、弁護士相談して依頼するメリット

Q4.上田先生が思う、弁護士相談して依頼するメリット

ご相談を伺っていて毎回感じるのは、多くの方がさまざまな問題に遭遇した時点で「まだ弁護士に依頼するタイミングではない」と思い込み、相談タイミングが遅くなりがちだということです。その結果、抱えていた問題が絡み合ったうえで雪だるま式に膨れ上がり、ご本人もどうすればよいかわからなくなってしまうというケースは多々見られます。

交渉結果によって将来に大きな影響を及ぼす可能性がある事件は意外と多いものです。たとえば、離婚問題はその代表格といえるでしょう。今すぐ離婚をしたいと焦った末、何も求めずに協議離婚してしまうと、その後の生活が非常に苦しくなってしまいます。養育費なども受け取れず貧困に陥ってしまうケースが多いことはご存じのとおりです。

それでも、スムーズかつ冷静に交渉できる状況であれば、離婚しようと決断することはほとんどないのではないでしょうか。しかし、離婚という選択肢が脳裏をよぎった時点で弁護士相談をあらかじめしておけば、「あきらめる」以外の選択肢がたくさんあることを教えてもらえるはずです。実際に、弁護士相談をした結果、「離婚を前提とした別居中であっても婚姻費用を請求できることを知った」という方は少なくありません。

調停員を通じて話し合う調停に至れば、確かに直接相手と話をせずに交渉を進めることができます。しかし、残念ながら必ずしも調停委員や裁判官などがあなたの味方になってくれるとは限りません。個人がたったひとりで対応しようとして思うように主張できなかったり、理解してもらえなかったりした結果、不当な条件で同意せざるを得ない、もしくは解決まで長期化してしまったというケースは決して珍しくないのです。

弁護士が交渉の場や調停に立ち会うだけでも、落ち着いて主張できるケースは少なくありません。言い間違いや動揺があったとしても、弁護士がそばにいればすぐにフォローできます。場合によっては、弁護士が矢面に立ち、あなたの盾となることができます。

Q5.弁護士相談を検討している方へメッセージをお願いします。

Q2.弁護士相談を検討している方へメッセージをお願いします。

ベリーベスト法律事務所であれば、初回無料で相談できる分野がたくさんあります。問題に巻き込まれ「実際のところはどうなのだろう」、「本当はこうしたいのに……」と悩むことがあれば、まずは相談にいらしてください。弁護士を入れるほどのことではないと思っていたとしても、弁護士に相談することによって問題の整理や切り分けができます。相談したら必ず依頼しなければならないというルールはありません。訴訟を視野に入れる前から相談しておくことで、万が一訴訟になったときに備えた準備を行うことができます。複雑化する前であれば、問題を切り分けることもできるでしょう。ひとつひとつ対応するとともに、事前にこの後の展開を想定し証拠などを集めておくことができれば、よりスピーディーに解決できる可能性が高まるはずです。

また、多くの事件は権利の争いであるとともに、感情の対立であることがほとんどです。弁護士は心の医者ともいいますので、お話をよくお聞きして、何を求め、何を不安に感じているのかを知ったうえで、お客さまが未来に進むための決断ができるよう、考え得る解決法を提示することを心掛けています。事件終了後、お客さまの心にあるモヤモヤを少しでも消すお手伝いができればと考え、日々弁護活動を行っておりますので、まずはお気軽にご相談ください。

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

0120-666-694

営業時間 平日9:30~21:00
/土日祝9:30~18:00

< 24時間受付 >メールでのお問い合わせ

町田オフィスの主なご相談エリア

町田市相原町、町田市小山ヶ丘、町田市小山町、町田市小山田桜台、町田市上小山田町、町田市木曽町、町田市木曽西、町田市木曽東、町田市下小山田町、町田市図師町、町田市忠生、町田市常盤町、町田市根岸町、町田市根岸、町田市矢部町、町田市山崎町、町田市山崎、町田市大蔵町、町田市小野路町、町田市金井町、町田市金井、町田市真光寺町、町田市真光寺、町田市鶴川、町田市能ヶ谷、町田市野津田町、町田市広袴町、町田市広袴、町田市三輪町、町田市三輪緑山、町田市薬師台、町田市旭町、町田市玉川学園、町田市中町、町田市原町田、町田市本町田、町田市南大谷、町田市森野、町田市小川、町田市金森、町田市金森東、町田市高ヶ坂、町田市つくし野、町田市鶴間、町田市成瀬、町田市成瀬が丘、町田市成瀬台、町田市西成瀬、町田市東玉川学園、町田市南つくし野、町田市南成瀬、町田市南町田、相模原市、大和市、八王子市、日野市、多摩市、府中市、稲城市、狛江市、調布市

ページ
トップへ